JACAエアコンクリーニングスクール運営の一般社団法人日本エアコンクリーニング協会
電話番号 0368218366
ご受講お申込みフォーム
JACAエアコンクリーニングスクール運営の一般社団法人日本エアコンクリーニング協会
ご受講お申込みフォーム
電話番号0368218366
JACAエアコンクリーニングスクール運営の一般社団法人日本エアコンクリーニング協会
電話番号0368218366
ご受講お申込みフォーム

フランスのエアコン事情

フランスの一般家庭にはエアコンがほとんどありません。フランスの気候が涼しいのかというと…30度を超す日もあり決して涼しいわけではありません。
各家庭、各部屋にエアコンがあることが当たり前の日本人にとってはエアコンがない暮らしなんて考えられないのではないのでしょうか。
では、フランス人はどのような暑さ対策をしているのでしょうか。

フランスのエアコン事情

フランスでのエアコン需要

フランスでのエアコンの需要は、基本的に業務用中心で、日本でのルームエアコンもフランスでは店舗や事務所に使われるのが大部分です。全面ガラスの建物が増えたことや、室内の発熱などで冷房が必要となり、エアコンが求められるようになってきています。

フランスの夏は湿度が低い

フランスの夏は、30度を超す日でも湿度は40パーセント前後とカラッとした暑さで、湿度が日本に比べて低いのが特徴です。昼間30度を超す日が続いても、夜は20度を切る日もあり、窓を開けて寝れば涼しく、熱帯夜で寝苦しい夜が続く日はそう多くはないのです。

クーラーが普及しない理由

フランスの夏は、30度以上が続く日もあり、熱中症で亡くなる高齢者のかたもいます。それでも、一般的にエアコンが普及しないのは、古い建物が多く、室外機を取り付けることが難しいからのようです。

フランス人はどのような暑さ対策をしているの?

フランスでの暑さ対策には、主に下記4つの方法があげられます。

1. 窓のシャッターを閉める

フランスは古い石造りの建築物が多く、シャッターを閉めることによって、涼しさを保つことができるので、朝の気温が低いうちに窓を開けて部屋の温度を下げ、日中はブラインドを閉め太陽の光で部屋の温度が上がらないようにします。夜は涼しい日が多いので、窓を開け再び部屋の温度を下げます。

2. 扇風機を使う

暑い日はひたすら扇風機を使い、涼をとりますが…35度を超す日などは扇風機の風も熱風になってしまい、扇風機が役に立たないこともあるようです。

3. 冷房が効いた場所で過ごす

35度を超える日など、どうしても暑い日は、映画館やショッピングセンターなど冷房が効いた場所で過ごすという人も少なくないようです。

4. 食べ物で身体を冷やす

身体を冷やす野菜のトマトやきゅうり、ズッキーニなどを食べて身体を冷やします。

近年では、地球温暖化の影響によりフランスでも猛暑が続いています。さすがにこのままでは厳しいと感じるフランス人も増えてきているそうなので、近い未来フランスの暑さ対策も変わってくるのではないのでしょうか。

JACAエアコンクリーニングスクール運営の一般社団法人日本エアコンクリーニング協会 フランスのエアコン事情 TOPへ

日本エアコンクリーニング協会へのお問い合わせは

JACA 一般社団法人日本エアコンクリーニング協会
TEL 03-6821-8366
お電話受付時間 10~17時、土日祝休

【本部】〒115-0055 東京都北区赤羽西1-29-5
【研修センター】 〒339-0057 埼玉県さいたま市岩槻区本町5-6-35
【新宿教室】 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-20-17 星野ビル103
aircon@j-aca.jp

エアコンハウスクリーニング協会facebook
エアコンクリーニング協会instaglam
JACAエアコンクリーニングスクール
NPO法人日本ハウスクリーニング協会
独立行政法人 製品評価技術基盤機構
一般財団法人 日本環境衛生センター
日本家事代行協会
NPO法人カビ相談センター
日本整理収納協会
岩谷産業
横浜油脂
株式会社タカギ
蔵王産業株式会社
ダイキン
日本細菌検査株式会社
コンソルコーポレーション株式会社
エコブランチ
石鹸百貨
エアコンカバーサービス
カンカンハウス
クリーンシステム科学研究所
ビルクリーニングON LINE
ビルメンブックセンター
ふくっしーラインスタンプダウンロード
キレハピ
ココナラミーツ
(株)soeasy